豊後FUNAIミュージカル「ぼくたちは星空のした」 参加しました。


殺陣で参加してほしいとオファーをいただき4人で参加してきました。

ワンシーンの参加のみだったのですが貴重な体験をさせて頂き感謝です。

外部の公演の参加は本当に久しぶりでしたが色々勉強させていただきました。

このような形でオファーが来るのは劇団としても喜ばしいことです。

17408372_1171280606331934_1792533802_o_convert_20170323120741.jpg




スポンサーサイト

「SORIN別伝」 感想 逢坂 桜希

この作品を支えて下さった方々の多くが、
口を揃えて言った言葉、「まさに奇跡のような舞台だった」。

絢爛豪華な襖、障子が舞台上に組み上げられ、
艶やかな衣装に身を包んだ演者の迫真の演技、
色鮮やかに舞台を染め上げた照明、
臨場感溢れる音響、緻密な場面転換など、
数多くの要素が折り重なって、この「奇跡の作品」となりました。

まさに、
あの時、あの場にいた全ての人で、この作品に生命を吹き込んでいったのです。
そして、ご来場頂きました皆様にも、吹き込んで頂いた生命であることを忘れてはいけないと感じています。

皆様に、この「奇跡のような息吹」を感じて頂けていたら、と願うばかりで、
また、今回の奇跡に音響という形で携わることができ、光栄に思っています。

皆様のご来場、誠にありがとうございました!

逢坂 桜希

「SORIN別伝」 感想 井上おちょぼ

2度目の親宗を演じました、井上おちょぼです。

来場していただいたお客様ありがとうございました!そして、照明のスタッフの方々、舞台装置や衣装、大道具、小道具の制作にご協力いただいた方々ありがとうございました!
色々な人達のご協力の上にお芝居は成り立つんだとより強く感じた作品になりました。

1年目の親宗。刀が鞘に元に戻らないとか、刀が鞘に戻らないとか、刀が鞘に戻らないとかとか。

2年目の親宗。刀が鞘にじゃっかんスムーズに戻ったとか、ワイングラスを見事に倒したりとか。
…少しはパワーアップしたところをお見せできたんじゃないでしょうか。

最後に、今年もお芝居、舞台裏共に、すみませんじゃすみませんミス等々を連発しました私でしたが、とてもたのしく親宗を演じることができました。これもまたP-nutsメンバーに支えられてのことだと思います。

本当にありがとうございました。

「SORIN別伝」 感想 川崎サイコ

「今までのサイコにないキャラクターを」というのは役をもらったばかりの頃から、繰り返し演出に言われ続けたことでした。

弟キャラ、と聞いてサイコはなんでか、俳優の伊藤淳史さんの顔が浮かびました。それも十年くらい前、電車男とかやってた頃の。
でもよく考えてみるとサイコの中での彼のイメージは「ちょっと抜けてる子分キャラ」。ちょっと違う。
あっ、そうか! 一度通し稽古でやり過ぎて演出から「バカっぽい」って言われたのは、きっと伊藤さんのせいだ! そうに違いない! 人はそれを責任転嫁と呼びます。

まぁ、そんなこんなでなんとか形にしようとした弟キャラでしたが、結局本番の二十分前になって「いつも通り元気に、テンションあげてやろう!」と開き直ってしまいました。我ながら自分の単純さに呆れてしまうサイコでした。

曲がりなりにもここ数ヶ月付き合ってきた、八郎というキャラクターとも舞台が終わればお別れです。
また新たなステージではどんなキャラクターと出会えるのでしょうか。
またその日がくるまで、さよならです。

ご来場、ご支援、誠にありがとうございました!

「SORIN別伝」 感想 ようこ

宗麟別伝 2017
町人 下女 ようこ
宗麟別伝にご来場頂き、ありがとうございました。
町人の役は、オープニングでしたが、演じていて、とても面白かったです。色んな人達と絡み、動き、ほんのちょっとかもしれないけど、自分の中では、とても大きな体験でした。途中の下女のタイミング。難しかったです。でもやはり下女役も大好きでした。
そして、最後のダンス
下手だけど、一番楽しんでいたかも知れません。
こんな楽しい芝居を出来ること。
皆様のおかげです。
ありがとうございました。
プロフィール

Author:p-nuts
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる