FC2ブログ

トロイメライを終えて・・・



先日は【トロイメライ】宇佐公演にご来場いただき、ありがとうございました。
18歳まで宇佐で過ごしていた私にとって、宇佐を舞台にした作品を宇佐で行うことは、
特別な心持ちでありました。作品に出てくる駅館川付近は高校の通学路でしたし、
そういう景色を想起しながら演じさせていただきました。

もうじき2014年も終わります。新しい年も、ご贔屓にいたただけますよう、よろしく
お願いします。

王 凌雲



無事に幕を下ろせましたトロイメライ。

ご来場頂いた皆様
ご協力して下さった皆様
応援して下さった皆様

本当にありがとうございました。

今回のことで、初めて宇佐の航空隊について知りました。

言葉では知っていた『特攻隊』。

実際に、当時の方々のお話も伺い勉強していく中で、改めて今の私達と何ら変わらない
人達が色々な思いを込めて戦っていたのだという悲惨さを感じることが出来ました。

そんな中でも、温かい生活、人との繋がりが更に今の自分達と重なって
現代にも起こりうることなのだ
絶対にあってはならないことだとも
強く思うようになりました。

芝居を通じ、なにか少しでも皆様の心に伝わったなら幸いです。

ありがとうございました。

たみ



宇佐公演
ご来場頂き、ありがとうございます。
今回、和美役をさせて頂きました、kaoriです。
戦争については、あまり詳しくなくて、芝居を通して、知りました。

愛してる人が、戦争で亡くなる辛さは、正直想像つきませんでした。

それぞれの愛の形がありましたが、当時の方達は、死が間近にあった分、
今を大切に大切に生きていたんだろうなと、
相手を思う気持ちをとても大事にしていたんだろうなと思います。

私は、この方達の思いを少しでも感じる事が出来、良かったと思っています。
今を大切に生きなければ、今に感謝して生きよう。と素直な思いました。

この作品に出させて頂いた事に、本当に感謝しています。

これからも、宜しくお願い致します。

Kaori



今回の公演では史実に基づいた物語ということもあり、もしかしたらいたかもしれない、そんなリアリティのある人物を作ることを目指しました。
時代の隔たりがある分だけそれは想像力を必要としました。
最初はステレオタイプな軍人像に頼るばかりで、上手くいきませんでした。しかし、現代の私たちと同じように悩みそして生きようとする彼らの姿に共感を覚え始めて、それから少しずつ彼らの姿が見えてきました。
今回の役作りは戦争末期を生きた彼らに近づくことであったと感じています。
その過程で多くの人にお世話になりました。何度も宇佐に足を運び、話を聞き、そうして知りえたことや感じたことの全てが少しでもよい公演を作るための糧になったのだと思います。
そうしたことの一部でもご来場された方々に伝わっていれば幸いです。

ご来場、誠にありがとうございました!

川崎サイコ



ご来場いただいた皆さま、準備段階から本番まで色々と支えて下さった全ての皆さまに感謝
申し上げます。
本作「トロイメライ~あの日の情景~」は、正式にP-nutsのメンバーとして入団させていただいて初めての舞台でした。
皆さまの足を引っ張らない様にと稽古等にも励んでおりましたが、いかがでしたでしょうか。

今後も色々な作品、色々な役にチャレンジしたいと思います。
これからも演劇集団P-nutsをよろしくお願いいたします。

ひこひこ



わたしは、今回の公演で裏方の方々が居て、お客さんが居て舞台が成り立っていることを改めて実感しました。

公演が終わったあと、
・感動しました。
・よかったです。
などの言葉をかけられてとてもうれしく思いました。

そのお言葉を励みにこれからもがんばっていきます!

ありがとうございました!!

詩織



今回の公演で、裏方さん達がこんなに協力してくれてるおかげで1つの舞台ができているんだなって思いました。
お客さんもたくさんの人が見にきていただいて、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。
今回の公演は、自分にとってとても貴重な経験になったし楽しかったです。

夏川奏


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

p-nuts

Author:p-nuts
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる